HOME > 園長あいさつ
園長あいさつ
心身ともに健全な人格を備えた人間の基盤づくりに努める

横川幼稚園の目指す保育理念

保育方針は「知・情・意」の発達の芽生えをとらえて、適切な指導を実施し、個々の幼児の資質・能力の一層の向上を目指す。
モットーとして以下の言葉を園全体に広める。

1.じょうぶな子
2.やさしい子
3.よく考える子

具体目標

  1. 日常の生活習慣(食事、排せつ、衣服の着脱等)をきちんと身に着ける力を育てる。
  2. 他者との交流がスムーズに出来るとともに、進んで仲間入りが出来る子に育てる。
  3. 身の回りの出来事、事物について確実に認識できる能力を育てる。

具体的な保育・教育方針

  1. 「園児がいて、園がある」を心に刻み、園児の真の成長につながる保育・教育を行っているかを自己点検、反省し指導の改善、工夫に努める。
  2. 園児には一人ひとりに、個性がある。身長、体重の違い、良く話せる子、無口な子など見かけの相違もある。また、音に敏感な子、体を動かすことの好きな子、色や形に興味を示す子など様々な個性がある。保育・教育の中で見える特性、見えない特性(物語を好む、歌が好き等)にも注意を払い、その子の特性をとらえ適時、適切な教育・保育を行うよう心がける。

認定子ども園・横川幼稚園の特性と信条

  1. 幼児時代の発達と支援を1歳〜5歳まで切れ目なく、連続的支援できる幼児施設であり、長いスパンでゆっくり子ども達を保育できること。
  2. 幼児期が担う人間形成基礎という重要な時間を様々な手立てで、長時間保育・教育が行うことが出来る施設であること。
  3. 少人数の保育施設であるが、保育期間が長いので、保護者同士の交流が密で保護者同士、保護者と園、各担任との距離が近くアット・ホームな時間を過ごせること。
  4. 立地場所が小・中学校の間にあり、落ち着いた環境にあり保育に適していること。
  5. 保育者の年齢が若く、保育という職業に情熱を傾けていること。