教育・保育方針

当園の教育方針・保育方針をご案内します。

園長あいさつ

園長 中村 進

横川学園の保育・教育方針は、
心身ともに健全な人格を備えた人間の基盤づくりに努める

  • ①じょうぶな子
  • ②優しい子
  • ③よく考える子
の三点です。

一つひとつに多くの思いが込められていますが、詳しくは本園作成の「保育・教育課程」に譲りますが、「じょうぶな子」を例に挙げるなら、1~2歳児では病気や疾病に関して注意を払って育成にあたることは当然ですが、排泄や食事を通しての「食育」を基盤にして「じょうぶな子」を目指したいと考えております。

小さな「認定子ども園」ではありますが、1~5歳までの長期間にわたる保育期間の有利さを活かし、種々の発達の諸原理を踏まえたアカデミックな幼児教育施設をめざしております。


特 徴:
・最長 6年間通うことができます。
・横川キッズステーション(1~2歳児)、横川幼稚園保育室(こあら組・1~2歳児)を卒園後は、長時間保育にも対応している「認定子ども園 横川幼稚園」にそのまま進級できます。慣れた環境で安心の保育・教育を受けられます。長期休みの期間も延長保育クラス(つき組)を利用可能です。

オリジナルカリキュラム

正課授業の中に専門講師やネイティブ・スピーカーによる英語指導等を用意し質の高い教育・保育指導を目指しています。

リトミック(水曜日)
ピアノに合わせて身体を動かしたり、四分音符と八分音符の違いを動物の動きに例えたりする活動もあります。また、曲想の違いをつかませたりもしています。
習字教室(水曜日、月二回年長児対象)
「はね」「はらい」「とめ」などの基本的な筆遣いだけでなく、漢字の成り立ちについても指導内容に入っています。後片付けまでが指導内容です。
アトリエ教室(水曜日 15:30~16:30)
5月のある日の教室。「今日は三角と四角、カクカクしたものだけで絵を描きましょう。」と話します。三角と四角の組み合わせで山や木、お家ができます。ルールがあるからアイデアが生れます。
英語教室
ネイテブ・スピーカーを講師にして、綺麗で正しい英語の発音に慣れるように教室を用意しました。
算数教室(木曜日 15:30~16:10)
パターンブロックや「ハリガリ」(5の合成分解をカードゲームを通して遊びながら、習得するゲーム)などで、数量や図形に親しんでいます。
学研科学遊び(学期に一回、一年三回、年長児対象)
けむりの空気鉄砲製作。大きな鏡を使って、ゆがみや反射・屈折の体験をする。使ったものや作ったものがもらえるので、子どもたちは楽しみにしています。
体操教室(火曜日正課で全園児対象)
室内、園庭問わず、鉄棒・ボール・マット・跳び箱を使って遊びながら身体能力を高める活動を行っています。課外教室に体操クラブもあります。(有料)
ひらがな文字指導(週三回 年長児対象)
鉛筆の持ち方から、運筆の基本的な指導を行います。更に、具体物に結び付けて「字形指導」を行い、ひらがな文字の特性を活かした「音韻法」を中心に読んだり、書いたりの「ひらがな文字」の指導も行っています。
合唱指導(水曜日 月二回 年中児対象)
友達の声に耳を傾けながら、自分も声を出し、合唱することの意義に気付かせます。また、美しい歌声を生み出すように指導しています。